コラム

推理小説に学ぶビジネスのヒント〜場所や時間をシフトする思考〜2017年11月28日


中小企業相談所のカサイです。

最近はあまり読めてないけれど、小説を読むのが好き。

推理小説なども読んだりする。

推理小説の醍醐味は、やっぱり密室殺人。

他の登場人物に「犯行場所」や「犯行時間」を錯覚させる事が多い。

実際に犯行が行われていたのは隣の部屋だったとか、じつは悲鳴が聞こえた時間には生きていたとか。

これをビジネスに応用できないか。

つまり、時間や場所をシフトする。

時間をシフトする思考
まずは、時間をシフトする事例として、服装や音楽の流行の周期があげられる。

それらはおよそ20年で繰り返すとされていて、つまりは流行を生み出す10~20歳代にフォーカスして、彼ら彼女らに斬新であれば、可能性があるということ。

「逆に新しい」がキーワードだよ。

場所をシフトする思考

続いては場所をシフトする事例。

あの「翼をさずける」のレッドブル。

ウィキペディアによると、
日本で流行していた”栄養ドリンク”に目をつけ、欧米でも同種のビジネスが成り立つのではと考え、タイの市場でマーケットシェアの低かった「クラティンディーン」という栄養ドリンクの販売権を手に入れ、独自に改良し欧米へ展開。
のちの成功は誰もが知るところ。

ちなみにクラティンディーンは「赤いガウル(ウシ亜科の動物)」でレッドブルは名前までそのまんま。

さて、海外旅行好きなみなさん、異国のアイデアは儲かるかも!

売り出し方の相談は、箕面商工会議所まで!

笠井健一のコラム一覧


箕面商工会議所へのアクセス

阪急箕面線牧落駅から徒歩12分
箕面市役所から徒歩1分

>アクセスの詳細を見る

経営指導員によるコラム

経営指導員によるコラム
pcschool
セミナー・オンデマンドサービス

サイト内検索

ページトップ