コラム

「○○○○○」が口癖になっている方がいたら、気を付けた方がいいかも2017年12月22日


こんにちはカサイ—だよ。

今回は友人からピラティスというトレーニングの体験会に招かれたので、参加してみた時の話。

講師はその日がデビューの人で、おっかなびっくりメニューをこなしていく。

その中で気が付いたというか、気になったのが「失礼します」という言葉。

ピラティスにおいては、どんな体勢をとるか、どこに意識を集中するかなどが大事なんだそう。

でも、その人が参加者の体勢を修正するために体に触れるたび「失礼します」と言う。

「失礼されちゃうの?」

気になったので整骨院、美容室、その他の別で受けたトレーニングを思い返してみた。

そういえば、体に触れられるタイミングで「失礼します」と言われたことがあまりない。

そもそも「失礼します」という言葉は便利で、自分の存在に気が付いてもらうときや、ものの受け渡しのときなど、使用できる状況が非常に多い。

この間は食事を始める時に「失礼します」と言う人を見た。

ここで気が付いた。

「いただきます」じゃないの?

つまり、便利がゆえに思考停止して濫用しているだけ。

だとしたら、元来許しを請う言葉だから、極力ない方がいい。

許す、許されるの立場がおもてなしにプラスに働くことはないし、サービス自体の評価を自分で下げることにも繋がる。

サービス業で、いやサービス業でなくても、「失礼します」が口癖になっている方がいたら、気を付けた方がいいかも。

笠井健一のコラム


箕面商工会議所へのアクセス

阪急箕面線牧落駅から徒歩12分
箕面市役所から徒歩1分

>アクセスの詳細を見る

経営指導員によるコラム

経営指導員によるコラム
pcschool
セミナー・オンデマンドサービス

サイト内検索

ページトップ