コラム

オアシスに学ぶマーケティング理論の重要性2018年08月16日

中小企業相談所の藤本です。

趣味は音楽鑑賞とギターです。音楽はなんでも好きです。特にロックが好きです。

と、いうことで、ここでは、オススメのロックを紹介していこうと思います。ついでに、一応、経営の話も絡めていきます(笑)

第7回目にご紹介するオススメロックは「オアシス」です。

オアシスは、英国マンチェスターで結成されたロックバンドで、1994年に発売されたデビューアルバム「Definitely Maybe」を皮切りに、ヒット曲を連発。あっというまにロック界で不動の地位を確立しました。2009年にノエルが脱退し、実質上の解散。解散後も個々で活動は続けており、ノエルは、今年のサマソニ(日本で毎年行われる夏フェス)のメインを務めるようです。行きたかった・・・

オアシスの代表曲といえば、「第二のイギリス国家」ともいわれる「Don’t Look Back In Anger」。とてもいい曲なので、聴かれたことのない方は是非一度聴いてみてほしいです。

「怒りに振り返っちゃだめだ」と歌うこの曲は、終わらない紛争や戦争を解決する、ひとつの答えを示唆しているような気がします。

オアシスは他にも「ホワットエバー」「ワンダーウォール」「ロックンロールスター」など、素敵な曲であふれており、定期的に聴いては、口ずさみたくなります。

聴きやすく、歌いたくなり、かっこいい。そんな彼らの曲を聴くたびに、わたしはいつも感じます。「うん。そりゃあ、売れるよね」と。

さて、オアシスのように「売れる」商品・サービスを提供し、もうかる経営体制を有している会社のことを、財務会計用語で「収益性が高い会社」といいます。また「どうすれば収益性を高めることができるのか」ということについて、必死に考え、その戦略を策定・推進することを「マーケティング」と言います。

わたしたち相談所職員は、「今すぐ●●だけをすればいい!そうすれば、あなたの会社の収益は、明日から倍になるでしょう!」や「起業するなら今すぐ××のビジネスをしなさい!絶対もうかりますよ!」などという、神様のお告げ的なことはできません。

けれどその代り、わたしたちはマーケティングの「理論」を体系的に学び、習得しています。そのため『このビジネスって儲かると思うんだけど、どう思う?』という事業者(あるいは創業者)さまのアイディアに対して、マーケティング理論の様々な切り口からご助言するとができます。そして、そこにわたしたちの価値があると自負しております。

オアシス、あるいは、マーケティングについて語り合いたい方は藤本まで。お待ちしております。

ちなみに、オアシスはビートルズが大好きで、ライブでもよくビートルズのカバー曲を披露していました。

また、彼らの創る楽曲にもビートルズの影響が色濃く表れています。

ビートルズの曲は、それ自体が、まさにロックのマーケティング理論です。

彼らの成功はひょっとすると、ビートルズを通して、無意識のうちにロックのマーケティング理論を体得していたからなのかもしれません。

藤本太恒のコラム





箕面商工会議所へのアクセス

阪急箕面線牧落駅から徒歩12分
箕面市役所から徒歩1分

>アクセスの詳細を見る

海外へのネット販売「CCI×ZenPlus」

海外へのネット販売「CCI×ZenPlus」

箕面商工会議所の登録専門家のご紹介

箕面商工会議所の登録専門家のご紹介

経営指導員によるコラム

経営指導員によるコラム

箕面商工会議所パソコン教室

pcschool

箕面商工会議所パソコン教室

セミナー・オンデマンドサービス

サイト内検索

ページトップ