コラム

平成30年7月度 箕面景況調査2018年09月01日

平成28年4月より市内小規模事業者様を対象に、景況調査を実施いたしております。

平成30年7月の箕面の景気の実感は、下のグラフのように去年より悪いと回答される方が半数を超えました。6月の地震、大雨、猛暑により、どこも苦戦されているようです。しかし、箕面・桜井納涼の夕べではたくさんの来場者が訪れていました。年々ますます暑くなり目的買いでしか外を歩かなくなってしまっている夏、自店での購買目的をいかに作り出すかがカギになりそうです。


去年の今頃と比べた景気の実感:良い

プレスリリースに成功し、新商品が好調な売れ行き。(製造業)

利益率の高い商品を売っていくためのマーケティングに注力している。(飲食業)

去年の今頃と比べた景気の実感:変わらず

猛暑の影響で人足が遠のき、店舗での売り上げは悪い。しかし、配達量は変わらないため、売り上げ自体は変わらない。(サービス業)

ビジネスモデルが多様化し、理解するのが難しくなっている。最近のビジネスはパッと見いいのかどうかわからない。(サービス業)

新規顧客の獲得はホームページによる訴求だけでは限界があり、様々な媒体を組み合わせることが重要と感じ
る。(小売業)

現在のところは景気自体にほぼ変化ないが、業種的に地震や大雨のような災害に左右されるので、今後忙しくなりそう。(サービス業)

わずかな広告しか出していないのに、最近新規客があった。リピートしてもらえるように接客する。(サービス業)

去年の今頃と比べた景気の実感:悪い

暑さの影響で客足が遠のいている。(サービス業)

大型量販店に押され、業況は良くない。メインの商品以外にも昔ながらの菓子なども販売しているが、この暑さでそもそも来店客が少ない。(小売業)

箕面まつりのために用意した食材をどうしようか困っている。(小売業)

箕面まつりの中止により期待していた売上がなくなった。(サービス業)

客数の減少が顕著である。地震・大雨の影響で自粛モードが高まったためかもしれない。(飲食業)

箕面はまだ人口が増えているからいいが、国内需要が減少しており深刻。新駅ができるものの、卸売集積としては船場地区の立地的魅力が薄れつつある。(卸売業)

贈答用の菓子の購入量と購入者が年々減っている。今年は特にその影響が大きい。(小売業)

滝道の通行止めの影響で、観光産業は大きな打撃を受けている。一刻も早く復旧してほしい。商工会議所には復旧後のイベントや支援にも期待している。(飲食業)

小規模事業者持続化補助金の傾向

さて、7月に小規模事業者持続化補助金の採択者が発表されました。やはり今年も補助金申請書類を早く提出いただいた方々は多く採択される傾向にありました。

締切直前の提出では焦りにより書類不備が起こりやすいということもありますが、会議所職員のアドバイスを受けられないというのが一番もったいないと思います。どのように審査しているかは、商工会議所にも知らされていませんが、数年間のさまざまな事業所の合否結果を踏まえたアドバイスができることは我々の強みです。

また、「別のところで事業を説明する際に、会議所に見てもらった計画書がとても役に立った」という嬉しい意見もいただいています。

箕面商工会議所へのアクセス

阪急箕面線牧落駅から徒歩12分
箕面市役所から徒歩1分

>アクセスの詳細を見る

海外へのネット販売「CCI×ZenPlus」

海外へのネット販売「CCI×ZenPlus」

箕面商工会議所の登録専門家のご紹介

箕面商工会議所の登録専門家のご紹介

経営指導員によるコラム

経営指導員によるコラム

箕面商工会議所パソコン教室

pcschool

箕面商工会議所パソコン教室

セミナー・オンデマンドサービス

サイト内検索

ページトップ