コラム

平成30年9月度 箕面景況調査2018年11月01日

平成28年4月より市内小規模事業者様を対象に、景況調査を実施いたしております。

平成30年9月の箕面の景気の実感は、下記のグラフのようになりました。今回は前年より悪いと回答される事業所はありませんでした。9月4日の台風の影響で、食材がダメになったり、設備が破損したりした事業所の話をお聞きしましたが、景気の実感としては、去年の9月より良くなっている模様です。


去年の今頃と比べた景気の実感:良い

資金繰りは厳しいがコラボ案件が数件あり、見通しは明るい。(製造業)

理由はわからないが順調に仕事は増えており、大変忙しい(サービス業)

切れ目なく注文が続いており業況順調(建設業)

ただでさえ繁忙期なのに台風特需で、さらに忙しくなっている。(製造業)

儲かっているかどうかはわからないが、仕事はコンスタントに増えている気がする。単価自体は低下傾向にあり、次の一手を打たなければと思うが、リスクを取って投資をするべきか判断が難しい。(建設業)

「おかげさんで」家族連れ、女子会(年齢を問わない)、男女を問わないお一人様など客層も広がってきた。(飲食業)

去年の今頃と比べた景気の実感:変わらず

新事業へのチャレンジを検討しているため会議所主催の「イノベーション塾」に参加中(サービス業)

台風で顧客が減少したが月全体としては変わらない印象(小売業)

台風の影響で忙しく、本来やろうとしていることに手が付けられない。(建設業)

会議所に「経営の悩み相談」ができるなんて、思ってもいなかった。会員になって長いのにもったいなかった。今後は積極的に活用したい。(飲食業)

去年の今頃と比べた景気の実感:悪い

今回インタビューした限りでは、9月について去年より悪く感じている事業所はありませんでした。

年次有給休暇の時期指定

さて、2019年4月より「年次有給休暇の時期指定」が義務化されます。これはざっくりと説明すると、<有給休暇が付与されてから年間で5日に足りない労働者に対して、足りない分を使用者が休ませなければならない>というものです。違反すると、6カ月以下の懲役または30万円以下の罰金が課せられます。

今後は従業員の休みにより気を配らないといけないようになるわけですが、休みを利用して、企業のステップアップをうまく図っている㈱ロックオンという企業がありますので、今回はその企業をご紹介します。以下に、その企業の採用サイトの文章を引用します。

「平日5日間と前後の土日を足した連続9日間の連休「山ごもり休暇制度」。社員のリフレッシュを促進しながら、休暇中は会社との連絡を一切絶つことで、業務の共有と属人性の排除を併せて行うことを目的としています。なので、休み中は、電話連絡やメールでのコンタクトも禁止!行き先は様々、あなたはこの休みを利用して何を体験しますか?」

文化・制度 | 株式会社ロックオン採用サイトより引用[online] recruit.lockon.co.jp/culture/
【参照2018-10-12】

わくわくしませんか?とても考えられた制度です。誰かが長期間休むには引継ぎが必要不可欠です。すると自然に文書による情報共有や業務のマニュアル化が進んでいくという仕組みです。引継ぎを計画的に生み出すことによって自然と仕事が見える化され、また従業員にとっても魅力的な休暇を取りやすい企業となります。今回の働き方改革への対応を考えている事業所様は参考にしてみてください。

ここで、脱属人化にはマニュアル作成が有効です。箕面商工会議所では、業務マニュアル作成に関する相談を無料で受け付けております!

箕面商工会議所へのアクセス

阪急箕面線牧落駅から徒歩12分
箕面市役所から徒歩1分

>アクセスの詳細を見る

海外へのネット販売「CCI×ZenPlus」

海外へのネット販売「CCI×ZenPlus」

箕面商工会議所の登録専門家のご紹介

箕面商工会議所の登録専門家のご紹介

経営指導員によるコラム

経営指導員によるコラム

箕面商工会議所パソコン教室

pcschool

箕面商工会議所パソコン教室

セミナー・オンデマンドサービス

サイト内検索

ページトップ